看護師派遣単発のデイサービス

看護師派遣会社はダメって本当?

派遣を希望する看護師は、派遣会社に登録するという方が多いと思います。

派遣会社は、看護師以外の職種の方の求人も扱っている所と、看護師の派遣を専門に扱っている所がありますね。

総合的に色々な職種の派遣を扱っている会社は、好条件の求人がありません!

看護師専門の会社でもないので、条件が悪くハズレの求人ばかりなので、失敗する方が多いですよ。

看護師専門の派遣会社は、看護師専門なので比較的に求人数は多いのですが、求人の内容は介護系ばかりで、好条件の求人は少ないですね。

介護系の求人とは、デイサービスや老健・老人ホーム・グループホーム・訪問入浴などが多く、デイサービスの求人が主ですね。

介護系の求人は時給が安いです!

派遣はバイトやパートと比べると時給は高いのですが、介護系の職場の場合はそれでも時給は安いですね。

デイサービスでの看護師の仕事は、簡単な作業療法の手伝い、バイタルチェック、胃ろうや経管、簡単な創傷処置、入浴の可否判定などです。

デイサービスは、それほど介護度が高い方はおらず、日常生活は自立している方が多いので、看護師の役割は少ないですね。

残業もないですし、緊急処置や急変などもほとんどないので、ゆっくりと穏やかに働きたい方には向いていると思いますよ。

派遣会社の求人の多くが、紹介予定型派遣です。

派遣は、派遣法の関係で続けて3年以上は同施設で看護師を雇用することが出来ません。


この続けて3年は、看護師全体の年数を指すので、自分よりも先に派遣看護師が働いていた場合は3年の中にカウントされています。

自分より先に入った看護師の年数で自分の残りの派遣期間が決まるのです。

派遣期間が終了したら、直接雇用になるか他の派遣を探さなくてはなりません。

看護師派遣は、派遣期間を気にしながら働かなくてはならないので、その辺がデメリットでもありますね。

派遣と同じくらいに高給で、派遣期間も気にしなくて良いとなると、単発バイトや期間限定バイトもお勧めですよ。


派遣以外にも色々な働き方がありますし、短時間で効率よく稼ぐ方法はいくつもあります。

派遣会社では派遣以外の求人はありません。

看護師求人情報サイトを賢く活用して、より好条件の求人を見つけるのも良い手ですね。

2016年4月21日|

健診派遣看護師は高給

看護師の派遣には色々な種類がありますが、健診派遣はメジャーですね。

健診派遣は、疾病予防センターに登録する、派遣会社に登録するなどすると、健診の仕事がある時に仕事の予約を入れる事が出来ます。

派遣には、学校・企業・役所・官公庁・老人ホーム・グループホームなどを巡回するタイプと、保険センターなどで市のがん健診や乳幼児の健診を行う場合があります。


健診センターの仕事は各センターによるので派遣される事はありません。

健診車での巡回の仕事は、仕事時間が希望で選べます。

いくつかパターンがあるのですが、そのパターンに都合がつかなければ、時間を短縮したりと対応してもらえます。


①7時30分~12時、②8時30分~14時、③9時~15時などのパターンから選ぶことになります。

4月~10月ころは健診の仕事が多いので、週に5日勤務も可能です。

週1~OKな所もあれば、週3~OKなど様々ですね。

11~3月は仕事が少なくなり、冬は仕事がほとんどないので、他のバイトや派遣を掛け持ちしている方も沢山いますよ。

健診派遣は、検診車での仕事は簡単な仕事ですし、すぐに慣れると思います。

残業もありませんし、毎回顔を合わせるメンバーも変わるので人間関係での悩みも少ないのです。

自分の希望のシフトで働けるので、毎日は働けない方やダブルワークの方でも続けられますね。

給料は1500~2000円くらいが多いですね。

短時間で効率よく稼ぐ事が出来るので、健診の派遣はお勧めですよ。

2016年4月21日|

胃瘻は延命治療にはいるんですね・・・。でも胃瘻を拒否する事は、餓死させる事になると思うけど・・・。長患いは辛いけど、餓死も辛いと思います。

高齢になると、体のあらゆる機能が低下してしまいますから、
食欲が低下したり嚥下機能が低下してくる事は良くありますよね。
さらに、認知症を発症してしまうと、食事を摂るという事自体に抵抗したり、
食べ物を飲み込む事ができなくなってしまう場合もあります。
以前は、食事を摂る事ができなくなった患者さんに対しては、胃瘻の造設をしていたんですよね。
そうする事によって、寝たきりの生活になってしまう高齢者が増えたんです。

胃瘻を造設する事を決めるのは、ほとんどが家族なんですよ。
本人に長生きしてもらいたい、胃瘻を造設しないと施設に入所する事ができないなど、その理由はいろいろなんですけど、
食事が摂れなくなってしまっては、自分の力だけでは生きていく事ができませんよね。
でも、胃瘻を造設する為には、苦痛やリスクがあるんです。
患者さんの中には、胃瘻を造設した事で命を縮めてしまう方もいるんです。
それに、リスクを承知の上で胃瘻を造設しても、栄養を吸収する事が出来ない場合もあるんです。
そのような事を考えると、胃瘻を作る事は、本人にとって本当に良い事なのかと、考えてしまいますよね。
だから、胃瘻を拒否する家族もいるんですよ。

食事が摂れないと空腹に苦しむのではないかと思ってしまう方も多いと思います。
でも、老衰で食事が摂れなくなった場合には、空腹を感じる事はないそうです。
水分を少しずつ摂る事で、苦痛を感じる事がない、最期を迎える事になるんです。
穏やかな最期を希望する方も沢山いますから、たとえ食事が摂れなくなったとしても、
胃瘻を造設する事は勧めていないんですよね。
でも、患者さん本人にとって、どちらの選択が良いのか、とても難しい事だと思います。

2014年11月10日|

母親の在宅介護は大変です(T_T)

私の母親は、数年前から寝たきりになってしまいました。
それからは、父が一生懸命に母の介護をしているんですが、父も若いわけではないから、
ひとりで在宅介護をするのはとっても大変なんですね。
私は、父を助けて母の介護をする為に、実家に戻る事にしたんです。

介護と仕事を両立させる為に、いろいろな働き方を考えたんですけど、その結果、夜勤パートをする事にしました。
夜勤だったら、日中に母の介護をする事ができますよね。
病院に連れて行ったり、買い物に行ったりする時間が取れるので、夜勤が合っていると思うんです。

実際に自分が介護を経験するまでは、介護がそれほど大変な事だと思っていなかったんですよね。
というよりも、簡単に考えていました。
でも、実際に介護をしてみると、すごく大変です。
それは、介護度の状態によっても違うんだと思います。
母の場合は、会話ができず、ご飯も食べる事ができないので、経管栄養なんです。
誤嚥性肺炎を起こさないように、常に気をつける必要があるし、痰の吸引も必要です。
夜中でも、2時間おきに様子をみて、痰吸引や、体交をしているんですよ。

私が仕事に行っている時は、父がすべてそれらを行っているんです。
父ももう歳なので、最近は父の事も心配しているんですよね。
介護疲れがでないかとか、いろいろ考えてしまうんです。

母にとっては、住み慣れた自宅で過ごすのが一番幸せだと思うんですけど、将来の事も考えて、
介護施設に申し込みをしているんです。
でも、待機している方がかなり沢山いて、なかなか入れない状態ですよね。

簡単に考えていてゴメンなさいという感じです。
在宅介護って本当に大変ですよ。
家族の協力がないと、なかなかできないと聞いてたんですけど、その意味がとても良く分かりますね。

2013年12月11日|

先輩はどんな方ですか?

職場は新人さんと2年目の看護師が大多数です。

3年目や4年目になると経験が長い方になります。

大学病院では仕事がとてもハードなので、数年で辞めてしまう方がほとんどなので、なかなか中堅の看護師がいません。

友人は別の大学病院に勤めていますが、やはり同じ様な状況だと言っていました。

私の職場には3年目や4年目の先輩がいますが、ほとんどの方はとても厳しいキツイ方です。

これだけハードな仕事を何年も続けてこられた方たちなので、根性がある方ばかりです。

自分たちも新人の頃は大変な思いをしたと良く言っていますが、新人が分からないまま仕事に入る事をとても嫌がります。

何か分からない事を調べたり聞いたりせずに仕事に入る事で、大きなトラブルに繋がる事が分かっているし、先輩も新人の頃に同じ様に分

からないまま仕事に入って大きなミスをした事があるそうで、厳しく注意されます。

言い方や態度もキツイので、怒られると委縮してしまいます。

本来なら患者さんの為に仕事をしなくてはならないのですが、新人は先輩に怒られない様にビクビクしながら仕事をしています。

仕事の終わりに患者さんの状態をリーダーに報告するのですが、いつも鋭い突っ込みをされて、答えられないと、レポート提出する羽目に

なります。

残業が終わって帰ってから、分からないなりに調べながらレポートを書くのは結構大変です。

もちろん仕事も出来て優しい先輩もいますが、多くがキツイ先輩ばかりなので、何とか仕事が出来る様になるしかありませんね・・・。

2013年10月 1日|

師長はどんな方ですか?

私の職場は主任がとても人望があり、ドクターからもスタッフからも信頼されています。

病棟を良い雰囲気にする方で、病棟会の進行も主任が行ってくれますし、歓送迎会や飲み会の席でも主任が中心です。

主任あってのウチの職場とも言える存在です。

その反面、師長はあまり・・・。

師長って病棟のまとめ役なので、病棟の事を全て把握していなくてはならないのですが、ウチの師長はほとんど病棟にいないので、全然話

が通じなくて困ります。

患者さんや家族とトラブルがあった時などは、師長が対処する事で収まる事も多いはずなのに、ウチの師長は全く役に立ちません・・・。

師長の主な仕事は看護部長とおしゃべりする事のようです。

患者さんの入退院や今日のオペ予定も把握していないし、何か病棟でトラブルがあっても主任やリーダーに任せきりで、主任の負担が増え

るばかりです。

師長がシフトを作るのですが、無理なシフトが多く、自分は土日休みや連休があったり、年休を使っていたり・・・。

月に1度、師長との面談があり「今困っている事」「人間関係の事」などを聞かれますが、師長と話し合っても正直解決しないのが分かって

いるので、面談の時間も勿体ないと思ってしまいます。

師長は病棟の責任者ですから、もっとしっかりとして欲しいと強く思います。

2013年10月 1日|

外来のパートって当たり外れが激しいですよね(T_T)

私は現在、民間病院の整形外来でパート看護師として働いています。

比較的大きな病院で外来患者も多いです。

常勤のドクターは1人のみで、後は外部の方が入れ替わりで来ています。

常勤のドクターであれば、検査の予約やオーダー方法、仕事の流れやオペの流れなどなどしっかり把握しているので、私たち看護師があれこれと手伝う必要がなく、仕事がスムーズですが、外部のドクターは物品の場所や仕事の流れ、書類の場所も何も分からないので、診察にも時間がかなり掛かり非効率です。

ドクターに合わせて、仕事のクセやキャラなどを把握し、少しでも仕事がスムーズに進む様にと外来の看護師は配慮しながら仕事をするのですが、外部から入れ替わりで来るドクターに関しては全く把握できないのでストレスです。

私が勤務している整形外来はオペのオーダーがとても多いため、オペ予約やオペ前の入院、オペ前の検査など、ドクターがオーダーする事が多くあります。

患者さんはそれでなくてもオペ前でナーバスになっています。

ドクターがしっかりと把握していないことで、色々なトラブルに発展することもあり、イライラした患者さんはドクターではなく看護師に当たるケースがほとんど。。

看護師は板挟みとなりかなりキツイのです(T_T)

しかし同じ病院内でも内科外来や眼科などで働いている同僚は全くストレスもないし、残業も少なくて楽~♪と言っています。

同じ外来でもこのように当たり外れが激しいのです。

外来看護師の仕事は病棟に比べて楽、残業が少ない、土日休みなどのイメージがあるかもしれませんが、実は全く逆です。

昼休みもまともに取れないことが多くて、看護師パートでも毎日残業があります。

さらには夜勤や隔週で土曜日出勤もあるんです。

限られたスタッフのなかで働いているので、病棟の様にシフト希望を出したりが難しく、年休もほとんど未消化のままです。

こんな事なら本気で外来は辞めて病棟に移りたいと考えています・・・。

2013年9月 6日|

訪問看護のパートは難しい・・・(T_T)

私は現在、訪問看護師をしています。

小さい子供を2人子育て中の32歳です。

以前から在宅看護や高齢者看護に興味を持っていて、自分の希望で訪問看護ステーションに転職をしました。

常勤看護師で働く場合は土日勤務もあって、夜間の電話当番もあるのでとても大変なようで、
私は子供がいるのでパートをしています。

電話当番もなく、また難しいケースの患者さんを担当することもパートなのでありません。

私はこれまで病棟に入院する患者さんとしか接した事がなかったので、在宅の患者さんの様子などを一切知りませんでした。

実際に訪問看護の仕事をしてみて言えることは、「難しい!」ということです。

患者さんも家族の方もベテランの看護師を希望される事が多く、訪問看護師になるには、経験5年以上が望ましいとされています。

私自身には10年以上の経験があるものの、それでも患者さんから「こんな若い人に見てもらうのは不安」と所長にクレームが入った事もあるのです(T_T)

彼らからすれば30代の看護師なんて「まだまだ経験の浅い看護師」というわけです。

在宅で何年も何十年も一生懸命に介護をしている家族の方、また1人暮らしで自分の病気を勉強して、在宅支援を受けながら長年暮らしている方が多いです。

ですから、皆さんとても知識があって、自分のやり方というものがあります。

だからこそ、看護師に要求するレベルも高くなるのです。

靴の脱ぎ方から始まり、ゴミの捨て方や挨拶の仕方、言葉使い、訪問時間を守る、駐車の仕方、ベッド柵の起き方、などなど、かなり細かくクレームが来るのです。

在宅介護をしている方は看護に対して目が肥えていますから、とても気を使う職場です。
患者さんの本音や我儘な態度なども在宅だからこそ見えることも。

ですから訪問看護の仕事は、経験豊富で包容力のある看護師が向いています。。

私の職場では、40歳以上の看護師が大半で、所長は来年定年を迎えます。

精神的に辛い面も多い仕事ですが、なんとかパートで頑張ろうと思っています。

2013年9月 6日|

夜勤専従って大変?

夜勤専従には夜勤専従常勤と夜勤専従パートがあるのを知っていますか?

私は数年間、夜勤専従常勤をしています。

始めた当初は夜勤専従パートだったのですが、半年後に常勤に変更してもらいました。

夜勤専従常勤は、日勤は一切なく夜勤のみを専門に行う常勤スタッフです。

2交代制の職場なので、1勤務で2日間の勤務になります。

月の休みが8日だとすると、月に11回は夜勤をする事になります。

だいたいは月の休み+年休の消化で、月に10日ほどの休みがあります。

それでも月に10回の夜勤をする事になります。

月に10回夜勤をすると月の半分以上は夜勤をしている事になります。

体力的にはハードですが、日勤も夜勤もする一般のスタッフに比べると夜勤しかない分、生活リズムも整いますし、逆に規則正しい生活が出来ます。

夜勤常勤のメリットは一番は給料が高い事です。

夜勤専従常勤なら月給50万位稼げますからね。

常勤だからボーナスもありますし、年収にすれば700万以上も可能です。

体力的にはハードですが、短期間に沢山稼ぎたい方、夜勤の方が好きな方には向いていますね。

私は日勤よりも仕事量が少なくなる夜勤の方が好きです。

夜勤入りの時も日中は買い物に行ってちょっと仮眠をする程度ですし、夜勤明けの日は朝からどこか出かけたり、普段出来ない事をしたりと時間を有効に使えるのも気に入ってます。

2013年8月 2日|